素材へのこだわり

焼き上がりの香りにもこだわった「たれ」
美味しさを求めた原料素材へのこだわり

焼き上がりの香りにもこだわった「たれ」
焼肉のたれにはたくさんのりんごを使っています

たとえば、焼肉のたれには沢山のりんごを使っています。

 

多くの大量生産メーカーでは、りんごジュースを仕入れて使ったり、ジュースの絞り粕(かす)を仕入れて使ったりする場合がありますが、弊社では国産ふじりんご、しかも生食としてそのまま食べられる品質のものを仕入れて、自社内でミキサーにかけてふんだんに使っています。

 

ミキサーにかけたりんごをそのまま食べてもとても美味しく食べられます。そして、このりんごでたれを作る時は、あえて粒々感を残し食感を生かしています。

 

こうする事でフルーティーでありながら、たれに絡めた肉を鉄板や網で焼いた時にりんごのつぶつぶが焼き潰れ、その際に甘く香ばしいよい香りが広がります。

 

このように、素材の特性を十分理解しているからこそできる技を随所にちりばめ、単に味だけでなく、香りをも追求した「たれ」として仕上げております。

美味しさを求めた原料素材へのこだわり

「自然の恵みを生かした商品作りだからこそ季節感を味わえる!」 例えばりんご一つにとっても一つ一つ味、甘み、肉汁、密の入りが違うので、完全に同じものは二度とできませんので、 作り手はその素材と一瞬一瞬真剣に向き合う一期一会であります。

焼肉のたれのこだわり

たれにはある程度の甘さが必要です。砂糖は使用しておりますがなるべく少量にとどめ、りんごや野菜、ハチミツからでる自然の甘みと旨みを生かすことでまろやかで深みのあるコクのある味に仕上がっています。

 

また日本料理には清酒、みりんを使用されますように、もんくたれ製品にも本醸造醤油をベースとし清酒、みりんを使用した製品作りからあっさりと素材の旨さを引き立てる和テイストな仕上がりとなっております。

ぽん酢のこだわり

ぽん酢は果汁に目が行きがちですが、実はダシの旨みがポイントです。そのダシのひとつに昆布があります。 「もんくたれ」のぽん酢は果汁はもちろん、自家製ダシが味の決め手です。

上質の北海道産真昆布

上質の北海道産真昆布を倉庫で一年寝かせ熟成させることで渋みを抑えて、さらに甘みを引き出した真昆布とすっきりとしたダシが採れるかつおぶし、香りと旨み成分が強い椎茸から採れたダシは、すっきりとしていながらも、昆布、椎茸、かつおの旨味が凝縮されただしです。 完熟したゆずやすだちと厳選した本醸造醤油を絶妙なバランスでブレンド!醤油、果汁、ダシ3種のバランスがいい奇跡の配合。これもエキスなどを一切使用しないから出せた味だと確信しております。また味の伸びが良いと評判です。(食べていて薄くなりにくい)

上質の北海道産真昆布

自然の旨みを生かした商品作りだから無理に甘さや辛さの調節は行わないその時々の味わいをお楽しみください。

木造の高いところへ高温多湿を避け風通しの良いところに保管しています。

木造の高いところへ高温多湿を避け風通しの良いところに保管しています。

瓶の肩口に溜まっているのは果汁の成分で、 柑橘の香りの元で果汁が多い証です。

瓶の肩口に溜まっているのは果汁の成分で、 柑橘の香りの元で果汁が多い証です。

真心こめて一滴一滴だし取りします。

真心こめて一滴一滴だし取りします。

どれを選べばいいんだろう? こんな方はこの商品がおすすめです。 迷いがちな「たれ・ぽん酢」を好み別にセレクト